お菓子のプロを目指すなら製菓に関する資格の取得をめざしましょう

女性

旨いコーヒーを学びたい

ステーショナリー

今や一日一杯のコーヒーが欠かせないと言う方も多い日本ではコーヒーのドリップや焙煎を専門に行うバリスタを目指す人が増えています。その為バリスタを育てる専門学校も増えています。

お菓子のプロになる

学修

調理師に続き人気がある職業の中にはパティシエが存在しています。一般的には高校卒業後に専門学校へ通うのですが、高校から製菓衛生士の資格を取得できる高校もあります。

お菓子作りのプロ

パティシエ

チョコレートやケーキなど世の中には様々なお菓子であふれています。近年ではスイーツに興味を持つ人も増え製菓に関する資格の取得に注目が集まっています。資格といっても製菓の分野には様々な資格が存在しています。例えば、皆さんが良く聞くパティシエは製菓衛生士、菓子製造技師、食品衛生責任者など3つの資格を必要とします。製菓衛生士は国家資格になり、菓子作りに関する技術は勿論、食材に関する知識や食品添加物など知識を必要とします。製菓衛生士は飲食店を開業する際に必ず必要になってくる資格の1つです。さらに、食品衛生責任者は食品の衛生環境を整える知識を必要とする大事な資格になります。これらの資格保持が製菓の分野で働くには欠かせません。多くの資格取得試験は実技と筆記などの2部構成によっての受験になります。製菓に関する資格試験を受けるには、一定の実務経験も必要になってくるので、専門学校で製菓について学ぶ場合なら1年は必要になってきます。専門学校に通っていない場合は製菓に関する製造業に2年以上働く事で試験の資格を得る事が出来ます。どちらを選ぶかは個人差がありますが、いずれも実技や知識をバランス良く学ぶ必要があると言えます。製菓の資格で人気の高い製菓衛生士の受験合格率は60パーセントから80パーセントと言われています。この数値から考えると地道に資格取得に取り組めば合格率も高いと言えるでしょう。勉強のコツは過去問題のテキストの使用にあります。

コーヒーのスペシャリスト

勉強

人気の職業の中にはコーヒーを美味しく焙煎してくれるバリスタの存在があります。バリスタと言う職業は日本においてまだ定着し始めたばかりなのでどの様な資格が必要か分からない方が多いです。